かつての賃貸事情と今とでは、だいぶ異なってきています。それは時代背景や考え方が要因に挙げられるかと思います。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

最近の賃貸物件事情について

ここ最近の賃貸物件事情について考えてみることにします。賃貸物件事情は、かつての頃と今とでは時代が変わってきたこともあり、だいぶ変わってきていると思います。そう思う理由が2つあります。1つ目は、日本社会が昔のように子供が沢山いた時代では今は無くなってきています。今の日本社会は、超高齢社会と言われているほど子供の数が減って、その分お年寄りが増えているのが現在の日本の人口の実態であります。

ですから、その実態に即したニーズがある賃貸物件が近年では増えてきているのだと思います。賃貸物件も高齢者に優しい環境にあった物件をより多く提供しているのです。例えば、バリアフリーの物件なんかは、まさに高齢者向きの物件であると思います。特に車椅子を使っての生活をしている方にはとっては、このバリアフリーの環境はかなり助かるものとなってきます。

2つ目の理由は、Uターン賃貸が最近人気を集めていることです。これは、都会の生活から地方の地元へ戻ってのんびりと生活しようと考える方が増え始めている傾向にあるからです。昔なら、地方から都会へ行くのが多かった時代もありましたが、近年はその図式が逆になりつつあります。そうしたことで、賃貸事情もかなり変わってきているのです。