ペット可賃貸物件の注意点を考えた場合、不動産業者側がどのようなリスクを想定しているか記載します。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

ペット可賃貸物件の注意点について

様々な形の不動産ビジネスが登場していますが、最近は不動産ビジネスもペットに関して考慮する不動産かどうかが影響するケースがかなり増加しています。ここでは特に個人向け不動産ビジネスでの影響が増加傾向となっている日本の不動産ビジネスにおけるペット可物件の注意点について記載します。

不動産業者側からみたペット可物件の懸念事項はズバリ住民同士のトラブル誘発のリスク増大です。その為ペット可物件の表記があっても何らかの制限を設けている物件が大半です。トラブルの多くはペット鳴き声に関するものの為はまずペットの頭数制限や大きさ制限を決めている事が考えられます。また最近は爬虫類を飼育するケースがあります。この事自体は構わないのですが声を出さず排泄処理などが楽な為密かに飼っていて、窓から脱走し隣の部屋のベランダで発見されトラブルになるケースです。いずれにしても大家からするとできればリスク回避の為飼って欲しくないが社会構造の変化に伴いペット世帯の増加に賃貸ビジネスも対応が必要というスタンスです。

借手側の生活環境が変化した事がペット可物件増加に影響している事は間違いないようです。先行して分譲マンションなどがペット可物件を基本可としている事から賃貸ビジネスでも条件はあるにせよ物件は増加しています。