ペット可という賃貸物件でも小型犬のみ可という場合もあります。他のペットを飼う場合には気をつけましょう。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

ペット可賃貸でもでも小型犬だけの場合も

最近では大家さんが他の賃貸物件と差別化をはかって空き室を減らすために、ペット可という特典をつける賃貸物件も増えてきています。ペット可と細則に書いてあればたいていは犬や猫のどちらもOKだと受け取ってしまうはずです。しかし、実はこのペット可というのは小型犬だけだったという場合も多いのです。たしかにペット可と言ってなんでもOKにしてしまうと大げさに考えればワニであろうとも馬であろうともOKになってしまいますが、小型犬のみOKでは一般的なペットである猫も飼えません。ではなぜ猫はダメな場合があるのでしょうか?これには猫の習性が原因になっています。

猫という動物は狩りの道具である自身の爪を研ぐために家具や壁紙で爪研ぎをしてしまいます。つまり、犬よりも大家さんにとっては困る壁紙の破損が起こりやすいことになります。そういう理由でペット可=小型犬のみOKという規則にしているペット可の賃貸物件もあるわけです。この場合、細かく書いていなかったという場合には、大家さんに対して知らなかったと伝えることで何らかの措置をとってもらえる可能性もあります。そうでない場合には物件選びを最初からやり直さなければならないことになります。ペット可と書いてあったとしても、どこまで良いのか事前に確認しておきましょう。