ペット可賃貸物件で猫を飼育するのならば、爪で傷つけるという破損のリスク対策が必要になります。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

ペット可の賃貸で猫を飼う人への注意点

空き家率を下げるために、賃貸物件の大家さんたちも日々努力しています。あるところでは壁紙を現状復帰の義務なしで張り替え自由にしましたし、内装工事自由にしたり、屋上に庭園をつくって住人同士が交流できるようにしてしまった賃貸マンションもあるほどです。そういうユニークな物件が増えるなか、やはり人気があるのがペット可の賃貸物件ですね。なかにはペットと一緒という条件を唯一の条件として部屋探しをする人もいるでしょう。小型犬や猫という規定が上限のようです。特に猫の場合には床や壁で爪を研いでしまうという被害が発生しやすいので、猫を飼っている飼い主さんは気をつけなければいけません。そうでないと退居時に余計に部屋の状態回復に出費してしまうことになります。

猫が爪研ぎをしてしまう壁紙というのは大抵猫にとってとぎ心地が良いものが素材になっています。なので、そういうところには猫が好きではない素材の布をまくとか、マスキングテープを貼ってしまうとか、家具で塞いでしまうという手が考えられます。大家さんにとって大切な購入物件ですから、なるべく傷つけずにペットたちと暮らしていけるような工夫を飼い主も考えていかなければなりませんね。