楽器演奏可能な賃貸住宅でも迷惑防止のために戸締まりをチェックして時間帯を考えて並の音量での演奏が求められます。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

いくら楽器演奏可能な賃貸住宅でも音量には限度がある

調子に乗り音量をMAXにしてギターやピアノを演奏したり、真夜中でも住民達の迷惑を省みずに演奏することはいくら楽器演奏が可能な賃貸住宅でも限度があることは明白です。確かに楽器演奏が可能な物件は防音設備が充実して並の演奏なら響かないですが、大音量であると防音設備でも耐えられないです。音量が並の楽器演奏でもドアや窓ガラスが半開きになっていると室内で響いていた音が外に漏れだします。防音設備の有無に関わらず五月蝿くなるので、演奏前に戸締まりは厳重に確認をすることを習慣付けます。

戸締まりをチェックしてから時間帯を考えて音が漏れそうにない普通の範囲での演奏が求められます。賃貸住宅によっては楽器演奏は可ですが楽器の種類や音量を制限しています。良識ある入居人は音が漏れていないか管理人にサウンドチェックをお願いして、演奏を楽しみながら暮らします。利己的な入居人はそんな常識も無視して、自分勝手に思うがままに半ば自己陶酔をしながら延々と五月蝿いほど楽器を演奏します。演奏の音量の限度を考えないのは暴走族と一緒です。演奏が五月蝿いために寝付けない人や不眠症に陥る人もいます。楽器演奏者への偏見も生まれかねず、一人の人間として良識ある行動は他の良識ある楽器演奏者や近隣住民のためにも大事であると言えます。