賃貸物件を見ていると楽器可の物件がありますが、やはりトラブルはあります。そのトラブルについて紹介します。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

楽器可の賃貸物件に起こるトラブル

賃貸物件を見ていると楽器を演奏することができる物件があり、これは主に音大生やミュージシャンはもちろん、音楽を趣味にやっている人たちが借りるものなのですが、やはりそれでもトラブルはつきものです。騒音もそうなのですがそれ以外にも問題は結構あるようです。そこで楽器可の物件におけるトラブルについて調べてみたいと思います。

騒音以外に、ペットの問題や共有スペース、設備の使い方が挙げられています。まずペットの問題についてですが、楽器可の物件でペットを飼う場合には動物をきちんと管理し、またご自分の取り扱っている楽器をいじられないようにすることが必要です。たとえば楽器はペットの手の届かないところに置くことや楽器がある部屋には動物を入れさせないといった工夫が必要です。次に共有スペースですが、楽器可の物件は普通の物件より家賃が少し高いことが多く、金銭的に厳しい場合に部屋を共有して住むことがあるようです。その際にスペースの利用についてもめることがあるようです。たとえばピアノだけでスペースの大部分を使うこととなり、ほかの楽器を演奏できないこともあり得ます。このようなトラブルを防ぐためにも事前にきちんと話し合うことが必要です。最後に設備の使い方についてですがもし設備が故障してしまったときは、勝手にそれを修理するのではなく、必ずその物件のオーナーや設備会社に連絡することが必要です。

以上がよくあるトラブルですがこれ以外にもたくさんあると思われます。トラブルに巻き込まれないためにも事前に物件について調べる必要があります。