楽器可能の賃貸物件において、演奏することが可能な点と、他人の演奏の音を我慢する点が必要になります。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

楽器可能の賃貸では他人の音は我慢

予備校などで自習室が完備されていることがあります。本当に集中して勉強していると、まわりの音などはほとんど気にならなくなります。しかし少し集中力が途切れてくると、それらの音が気になって、更に集中できなくなったりします。しまいには、その音のせいで勉強できないと思うようにもなります。この時の音とは、他人がものを書くときの鉛筆の音であったり、参考書をめくる音、勉強している物同士のちょっとしたひそひそ話などが気になることがあります。

賃貸物件においては、音はどこまで許容できるかがあります。特に集合住宅は左右や上下と物件がくっついています。全く音がしないとなるとそれを探すのが無理なくらいです。その中で、楽器可能な物件がありました。自分自身も楽器を演奏する人が利用することが多いようです。自分が演奏する時は他人がどう聞こえているかなどは気になりません。しかし、自分がくつろいでいるときに他人の楽器の音が聞こえてきたりします。それをどう思うかです。

楽器演奏可は、演奏しても良い意味でもありますが、他の物件からの演奏の音を許容する意味でもあります。それができないと住むことができないでしょう。必ずしも防音設備が設置されているとは限りません。下見などのときに確認できることもあります。