賃貸物件を契約する前に家賃の値下げ交渉をしてみると、意外を値下げしてくれるかもしれません。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

賃貸家賃はまけられるか

賃貸物件を借りるときに家賃の引き下げ交渉ができるということを知らない人が多いです。家賃って、まけてくれるものなの?っと思いがちですが、実は交渉次第で安くなる可能性があるのです。契約する前に思い切って不動産屋に切り出してみるのをお勧めします。千円でも引下げできれば、毎月の家賃の支払いがずっと楽になります。

ショッピングのときの値引き交渉と同じで、最初はちょっと低すぎるかな、という程度の金額を言ってみるのがポイントです。もちろん応じてくれる確率はすくないですが、顔色を見て少しずつ上げていって、摺合せができたら幸いです。家賃の値下げは最終的に決めるのは貸し主である大家で不動産屋の担当者に決める権利はないので、不動産屋さんを介して大家さんと交渉している、という形になります。希望の値引き額を不動産屋が大家さんに伝え、了承を得られれば交渉成立、ダメならあきらめる、ということになります。家賃の値下げが叶わなかったら礼金にシフトして交渉してみるのも手です。礼金が家賃一カ月の場合、これをなしにするという交渉が成功するだけでも大きく負担が減ります。初期費用を抑えたい人は礼金ゼロ交渉にチャレンジしてみることをおすすめします。