楽器可能の賃貸の中に、音大生が多い、音大生を優遇しているところがあります。特別のルールがあります。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

楽器可能の賃貸で音大生が多い場合

芸術系の学校にはいくつかあります。美術であれば絵画や陶芸などを作成することになるのでしょう。音楽系であれば、ピアノや管楽器、弦楽器などの演奏を学んだりすることになります。大学であれば一般教養もありますが、メインでは演奏などを学びます。主に学校で練習をすることになりますが、ある時にはそれだけでは追いつかないことがあります。それは試験があったり、コンクールがあったりする時です。当日の朝まで練習したいことがあるでしょう。

楽器可能の賃貸において、一般的な物件もあるのですが、音大生をメインに入居させているところもあります。近くに音大があるようなところになるでしょう。物件紹介でも音大生歓迎となっています。音大生の中でも話題になるらしく、全員が音大生のこともあるようです。通常であれば防音設備がないと24時間の演奏はできないところが多いです。音大生もそれはわかっているのですが、試験やコンクールが多いので、その対策が必要になります。

音大生を優遇するような物件では、音大の試験やコンクールに合わせて、その前後の期間は深夜や早朝でも演奏を許可することがあるようです。まわりにも同じような物件があり、試験前になると賑やかになるようです。