賃貸のよさは、気楽だという点です。家賃をいくら払っても自分の物にはなりませんが、好きな時に引越せます。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

賃貸のよさは気楽だということ

賃貸のマンションやアパートに住む人は、沢山いると思いますが、一番の利点は気楽だということです。そして、自分で管理しなくてもいいということです。確かに、毎月家賃を払うのは、と思いがちですしいくら払っても自分の物にはなりません。そのようなことで、どうせ同じだけ毎月お金が出るのなら、と住宅を購入しローンを払う人もいます。しかし、一度住宅を購入してしまうと、そう簡単には移転できません。

せっかく建てた自分の住まいですし、ローンを残したまま売却しても、得にはなりません。自分の家であれば、傷んだところは直さなければなりません。その点、賃貸であれば好きな時に好きな場所へ移転できます。税金も払わなくていいし、修繕費もいりません。こんな気楽さを味わってしまったら、今更住宅の購入は考えられません。また、都内に住みたいと思っても、賃貸住宅ならいくらでもありますが、購入となると半端な金額では買えないので、それも問題です。勤務地から近いところ、環境のいいところ、便利なところ、と考えた時、気楽に移転できる方がいいですね。人にはそれぞれ考え方がありますから、老後になって家賃が払えなかったら、と考えてしまうかもしれません。一番大事なのは、老後に向けての貯蓄ではないでしょうか。