賃貸アパートに入居している人がもし家賃を滞納したり夜逃げしたりしたときのための対策はどうするべきか。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

賃貸アパートで夜逃げされた場合

私の知り合いが賃貸アパートの大家をやっているのですが、たまに家賃を払ってくれない人がいると聞きます。まだ単純に払ってくれないだけならいいのですが、そのまま夜逃げされるパターンが一番困るとのことです。こういう場合一体どうすればいいのでしょうか。専門家に聞くところまずはそういう状況になったときにどうするかということを契約で定めておかないといけないとのことです。もし定めていなければ家賃は回収できず、大家の負担で残置物を片付けて清掃をしなければいけないそうです。

しかも夜逃げというのは単純に警察にいけばいいというものではないのです。この状態は債務不履行にあたるので、被害届を警察に提出しても簡単には受理されないそうです。よって、こういう状況にならないように、連帯保証人は必ず付けるようにしておきましょう。連帯保証人さえつけておけば、最悪その保証人に料金を請求することができるので、夜逃げされても被害は最小限におさえられます。そういう意味でもし保証人を立てれない人には初めから部屋を貸さないというスタンスで行ったほうが安全かもしれません。最近は家賃滞納をされても簡単には追い出せない時代ですので。初めからアパートを貸さない方が安心です。