持ち家と賃貸について、金銭面と精神面とで比較して、どちらが住みやすいのかを考えてみました。

賃貸暮らしのいい所。
賃貸暮らしのいい所。

持ち家と賃貸についての比較

日本では住宅は持ち家へのあこがれが強いと思います。あこがれのマイホームという言葉は、昔も今も使われるキーワードです。そのため、賃貸と持ち家のどちらがよいのか考えてみました。まず、金銭面からです。持ち家を持ってローンを組んだ方が月々の支出を抑えられると思っていました。しかし、賃貸も持ち家も生涯に支払う金額はそんなに変わらないと言われているようです。確かに持ち家を持てば、月々の支出は抑えられるようです。ただし、住宅は固定資産税の対象になりますし、しばらく家に住めばメンテナンス代も掛かってきます。防虫対策や壁の塗り替えなど大きな出費が発生する事があるからです。一方賃貸では、敷金礼金で大きな金額をはじめに支払う必要はありますが、それ以降は一般的に大きな出費はありません。同じ所に住み続ければ、毎月一定金額の支出だけですむのです。

次に精神面についてです。持ち家が求められている理由は安心感だと思います。広く、内装などを自由に出来る環境で暮らすことで解放感があります。また、同じ場所に住み続けることで、地域コミュニティを築くことができるのです。一方、賃貸ではいつでも住み替える事が出来るという点と、ローンを組まなくよいので負債を抱えないですむという点が気楽さがあるのです。これらを踏まえた上で、どちらを選ぶのかをこれからしっかり考えたいと思います。